忍者ブログ
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥ 
食べ物と美味しいお店を探して・・・♪
<< 09   2017/10   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     11 >>
[91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


今回、私にしては、ちょっぴり手の込んだものを作ったよ(笑)
でも、またひき肉を使います(笑)
私の料理って、ここにのせるものはひき肉料理が多いよね(^^;

この時期は、なべのシーズンなので、白菜使用が多く
なりますよね~そこで、白菜って余ったりしませんか?
そこで、白菜を使って団子スープを作りました。

結構なボリュームなので、メインにもなるし、これから寒く
なっていくので、温まるスープはぴったりではないかなぁ?

■ 材 料
ここでちょっと注意!
なべは、深鍋で、我が家では約、深さ30センチ程度のものを
使用してるので、材料の分量は、その容量で表示しています。

Image2491.jpg ・白菜 4/1  
 ・小松菜 一束
 ・コンソメ・コンソメチキン(固形)各2個
 ※薄味の場合、どちらかのコンソメを1つ減らす。
 ・塩 適量
 ・こしょう 適量
 ・醤油 適量
 ・春雨(できるならマロニーがいいね!)
 ※今回、マロニーがないので、春雨で代役

= 肉団子の材料 =
・豚挽き肉 (多くて約300g)
・たまねぎ 1個(みじん切り)
・パン粉   適量
・卵      1つ
・しょうが   少々
・ニンニク  少々
・片栗粉   少々
・ごま油   適量

■ 作 り 方 


白菜、小松菜をしっかり洗い、水切りをします。
まず白菜は、芯の部分と葉の部分を分け、一口サイズにカット
します。
小松菜もざくざくと一口サイズ程度のざっと切っておく。


なべは、深鍋を使用します!
まず、鍋にたっぷりと水をいれ、コンソメとコンソメチキンを入れて
さらに、先ほど分けてきった白菜の芯の部分を入れて火にかけます。
水は、煮込み料理なので、たっぷりと入れてくださいね。


スープを煮込んでるうちに、肉団子を作ります。
ボールにパン粉を入れて、水または、牛乳をちょこっと入れて
パン粉に湿らせ柔らかくします。
続いてみじん切りのたまねぎ以外の材料を入れてよく混ぜます。

粘りが出てきたら、みじん切りのたまねぎを入れて、さらに混ぜます。


スープの鍋が沸騰し、白菜の芯が柔らかくなったら、火を中火にし、
その鍋の中に先ほど作った肉団子のネタを、一口サイズに丸めて
鍋に沈めていきます。
この時、丸くできない場合は、大き目のスプーンを使うと楽ですよ。


肉団子を入れ、しばらくすると浮いてきますので、浮いてきた肉団子を
いったん鍋から全部取り出します。
取り出したあと、スープの上部にたまったアクを綺麗に取りましょう。
※肉団子が硬くなりすぎないようと、あと崩れないためにいったん取り出します。


肉団子を取り出し、あくを取ったあとは、そこに残りの白菜、小松菜を
入れて柔らかくなるまで煮ます。


野菜が柔らかくなり、鍋の水分が減りすぎたら、少し湯を足します。
次に、調味料を入れてスープの味を調えます。
塩、こしょう、醤油、これらを適量入れて、自分好みの味にしましょう。


スープの味が決まったら、ここで春雨、もしくはマロニーを入れます。
春雨は、長い場合は、入れるときに食べやすいサイズに切っておきます。
細い春雨は、柔らかくなり、煮込んだときに切れやすいので、その辺を
考えて調整してくださいね。


春雨が、ある程度柔らかくなったら、取り出しておいた肉団子を鍋に
戻し、弱火で数分煮込み出来上がりです。

私は、辛いのがまったく駄目名のですが、お好みで、辛味を入れたい
場合は、ラー油や七味、または唐辛子などを加えるのも良いでしょう。
キムチ好きの方は、スープを盛った上にちょこっと添えてみては
いかがでしょうd(^^)
PR
ブログ内検索
ただいまの時間!
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
True(トゥルー)
性別:
女性
カウンター
バーコード
Copyright(c) 美味しいもの♪ All Rights Reserved.
* material by *MARIA   * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]